健康や病気 一覧

スポンサーリンク

風邪の症状によっては耳鼻咽喉科が得意分野です

耳鼻咽喉科というと、中耳炎や蓄膿症といった耳や鼻の病気の時にお世話になる診療科だというイメージがありますが、実際には内科や小児科で診察を受ける風邪も症状によっては耳鼻咽喉科の方が有効な事があります。お子さんの場合には症状によっては小児科の方が良いと思われるケースもありますし、医師との相性のようなものがありますので、一概には言えませんが、耳鼻咽喉科の医師は、喉の疾患のスペシャリストでもあります。
喉の状態が悪い場合はもちろんですが、扁桃腺が腫れている時なども内科では目視で確認ができる範囲の診察になりますが、耳鼻咽喉科の場合には咽頭をカメラで確認できる咽頭ファイバーなどの器具を用いる事で内科では確認できない個所まで診察をする事ができます。
扁桃腺の炎症の場合には、悪化をする膿などが周囲にたまる事もありますので、このような時には外科的な処置が必要になりますが、耳鼻咽喉科が専門分野になっています。

鼻の症状の時にも内科よりも耳鼻咽喉科が優れているケースがあります。日頃からアレルギーや風邪になると鼻の症状がひどい場合には、副鼻腔炎や悪化をする事で蓄膿症になる事も考えられます。副鼻腔炎の場合には風邪などの時には更に症状が悪くなる事もありますが、内科で処方される薬を飲むよりも、耳鼻咽喉科での処置を受けてから処方された薬を飲む事で早く症状が緩和される傾向が期待できます。
特に副鼻腔炎の場合には、悪化をして蓄膿症になった場合には、必要に応じて手術をしなくてはならない事もありますし、副鼻腔炎の原因によっては慢性化をしている状態になっていますので、風邪の時にも鼻への症状が強くでる傾向があります。副鼻腔炎の原因がアレルギーなどのであれば、風邪だと思っていたものが、実際にはアレルギーによる鼻水や鼻づまりをはじめとして、症状の悪化でおこる頭痛などの対処に関しても耳鼻咽喉科の方が得意な範囲になります。
風邪と感じた時には、全て耳鼻咽喉科に診察を受けに行けば良いのかと言えば、それはまた違う答えになります。咳がひどい時でも喉よりも肺や気管支に痛みがあるような場合には、内科や呼吸器を専門とする医師に診察を受けるのが良いと思いますし、心臓に疾患があるような方であれば、循環器内科や心臓外科といった専門医が良くなります。また、嘔吐や下痢の症状が激しい時などには、お子さんであれば小児科ですし、成人であれば消化器内科などの医師に診察を受けるのが最も適した診療科目の選択方法になりますので、鼻やのどの症状がひどい場合や、アレルギーなどので鼻の状態が日頃からあまり良くない方の場合には最初の選択肢として耳鼻咽喉科を受診する事が良い選択になります。


ディスポ鍼は治療における感染症のリスクを格段に下げます。

ディスポ鍼とは、主に鍼灸院で鍼灸師が使用する鍼のことです。従来鍼灸師が治療に使用する鍼は使い捨てでないタイプのもので、使用後は専用の機械などを使用して滅菌してからまた再利用するというものでした。しかしながらその場合は消毒が不十分であれば、鍼灸師や患者が鍼を通して風邪などの感染症にかかってしまったり、血液を通して感染するような肝炎やエイズのウイルスなどにかかって、将来命を脅かすような病気になってしまう危険性が高かったです。また患者もかつて肝炎のウイルスの感染経路が、注射針の使いまわしなどによるものという知識を身につけていて、鍼を使用する鍼灸院での治療について不安を感じている人も多いです。

しかしながらディスポ鍼は使い捨てなのでもともと滅菌されていて、感染症の心配もなく安心して使用することが可能になります。最近ではインターネットやパンフレットなどにおける鍼灸院の紹介の際に、ディスポ鍼を使用していることをアピールして安全性が高いことを売りにしているところも多いです。
ディスポ鍼は業者に直接注文して手に入れることもできますし、インターネットを通じて購入することも可能です。ただ使い捨てということからコストは上がってしまい、治療費が高くなってしまうことも多いです。

ディスポ鍼の使用に関しては、もちろん医師もしくは鍼灸師などの専門の資格を所有した人にしかできないものですが、治療を受けるのは患者なので使用する鍼の安全性は気になるところだと思います。なので患者として鍼灸院を利用する場合は、使用している鍼についてディスポ鍼かどうかを確認して利用することで感染症への対策が万全だということがわかり、安心が得られると思います。


最近の歯科治療は早い!痛くない!

虫歯で悩んでいる時、知人に「全然痛くない歯医者」を教えてもらいました。
その知人はとにかく痛みに弱く、その歯科を初めて訪れた時にも思わず「いくら時間とお金がかかってもいいから、絶対に痛くしないで下さい??」とお願いした程らしいです。(笑)

そんな知人からの紹介なのだから痛みに関しては心配いらないだろう、と早速紹介してもらった姫路市の歯医者に向かいました。
先生にその知人から紹介してもらった事を話すと、「あなたも痛くならないように治療に時間をかけましょうか?」と冗談を返されました。思わず笑う私です。
そんな和やかな問診から始まり、虫歯の様子を診てもらうと私が認識していた歯以外にも虫歯予備軍が2本も見つかり、計4本の治療を行う事になりました。

虫歯治療というと、歯を削る時のキュイーン!という音と痛い!というのが印象にあったので、その時も治療に対して少なからず身構えていたのを覚えています。
そんななか治療が始まりました。
今でも歯を削る時のキュイーンという音は健在でしたが、痛みはイメージ通りのものは全く来ず…むしろ普段の虫歯の方がよっぽど痛い、と感じる程でした。
事前に麻酔を打ったというのもあるのでしょうが、それにしたって痛くありません。
さすが知人のお墨付き??と感心していると、あっと言う間にその日の治療は終わってしまいました。なんと1時間もたっていません。
大人になってから歯医者に行く機会は少なくなりましたが、最近の歯科医療は発達しているんだなぁ…としみじみ思いました。


腹筋はじめました

お腹周りのお肉が気になって、急に思いつきで腹筋をしてみました。
最近食べ過ぎの生活が続いていたせいか、お腹周りのお肉が目立ってきたので「腹筋でもやってみるか」という気になったのです。
やったらちょっとはマシになるんじゃないかという甘い考えです…。
それにしても、かなり久々の腹筋でした。
思えばこんなにガッツリ腹筋をまじめにやったのは学生の時以来だったのではないかと思います。
大人になって腹筋する機会はありませんでした。
意気込んでやりだした時まではよかったのです。
何回かやってしばらくしたら、すぐに息が切れはじめてハァハァ言ってしまいました。
自分の事なのに、そのことを受け入れるのに時間がかかりました。
「えー、嘘でしょ!もうしんどいぞ」と思いながらも、とりあえず頑張って腹筋を続けました。
気持ちは若いときと変わらないのに、体力というものは確実に落ちていることを実感しました。
昔はちょっとやそっと腹筋したくらいではなんともなかったのに…今はこのざまです。
やりながら、だんだんお腹に力が入らなくなってきて、ぷるぷる震え始め、自分の体力はこんなもんかと切なくなってきました。
ただでさえお腹周りに肉がつきやすくなり始めているというのに、体力まで落ちてるだなんてショック極まりないです。
このまま私はデブまっしぐらなのかと思うと、青ざめてしまいます。
まだまだオシャレも楽しみたい、今ある洋服が着られなくなっては困る、デブにはなりたくない!という一心で腹筋を続けました。
それにしても、当たり前の話ではありますが筋肉って使わないとどんどん衰えていくんだなぁと思いました。
私はこのままではいけないと思うと同時に、やる気が徐々に上がってきました。
ここで自分に負けてはいけないのです。
どこまで続くか分かりませんが、ちょっと継続して腹筋を頑張ってみたいと思います。
腹筋だけでは自信がないので、出来る範囲で食事制限も出来たらいいなと思います。
fukkin_woman

納豆キムチのパワー毎日できるサラサラ習慣【納豆キムチ】

 


SNSよりブログ派の私

最近は、SNSを利用している人が増えてきたせいか、以前よりもブログを書く人が減ってきたような気がします。
おそらくSNSの方がリアルタイムに情報が得られ、しかも人とのつがなりも比較的簡単に行うことができるからだと思います。
私の場合、世の中とは逆行していて、SNSにはやや疲れ気味な状態です。
すぐに返事をしなくてはならないという焦りや、あまりやり取りしたくない人からのアプローチなど、意外と問題も多いような気がしています。
その点、ブログは基本的に自分が書きたい時だけ更新すれば良いので、自分のペースを保つことができます。
今のところ、SNSを使って友達を増やしたり、知らない誰かとたくさんつながりたいとは思っていないので、日々の日記を書く感じで気軽にやっています。
それでもやはり、誰かに自分のことを知ってもらいたいとか、自分の話を聞いてほしいという欲求はあると思っています。
だからこそ、ブログをやっているのだと思います。
以前はコメント欄を設けて、知らない人とやり取りをしていたこともあったのですが、今は完全に記事を書くことだけしかしていません。
コメント欄はなくすこともできるので、現在は表示できないように設定しています。
もちろんコメント欄はあってもいいのですが、時々悪戯と思われるコメントもあるので、いちいち不快な思いをしたくないということもあります。
ただ良く考えてみると、自分のことは知ってほしいけど相手からのコメントは不要というのは、自分でも何だか勝手な気がします。
でも今の私には、このやり方がちょうど良い感じなのです。
それでも、どれだけ自分のサイトが読まれているのかは気になるもので、時々アクセス解析をチェックしたりはしています。
どの記事が多く読まれているのかを知ることは、結構興味深いものです。
きっと同じような考えや悩みを持っている人が読んでくれているんだろうなと思うのですが、そう感じるだけでも自分は一人じゃないと思うことができます。
やる、やらないは人それぞれですが、私は書き始めてまもなく1年が経ちます。
書くことは気持ちの整理にもつながっているので、もうしばらくは続けたいと考えています。私の友人もブログに娘さんの病気のことを書いてます。
高度異形成や子宮頚がんの診断を受けたそうです。
いろいろと大変ですが、ブログを書くことで少しでも気が楽になったらいいと思います。




歯科で治療を受けてきました。

小さい頃は乳歯が抜けないなど度々歯科に通っていたのですが、大人になってからはまったく通うこともなく、長いことご無沙汰だったため、昔通っていたところが無くなってしまっていたのでネットで口コミを調べて歯科に行ってきました。
今回行った理由は奥歯が急に欠けてしまい、とりあえず、塞がないとと思って行きました。
口コミの良かった場所は家から少し離れていたのですが、駅からは近く、30分位で行ける場所でした。
受付や待合室は狭く、予約のみでやっている小さな街の歯医者さんという感じでした。
予約していなかったものの幸い1時間後にキャンセルが出ているので入れますよと言う事でしたので、1時間ほど駅周辺で時間を潰して、戻りました。
若い先生が一人でやっているようで、歯科衛生士さんが2人と先生だけで受付や治療などすべて回しているようでした。
非常に丁寧な先生で歯がかけたのは虫歯が原因で一番奥なので磨いているつもりでも磨けていないことが多い場所だからと言われ、残っていた虫歯を削り取り、仮止めをした後、磨き方について30分ほど丁寧に教えて下さいました。
今は仮止めになっているので、銀歯が2週間後にできるのでそこで予約を取らせてもらいました。
歯ブラシの選び方なども歯の形や大きさなどで違うとの事で5種類の歯ブラシを見せていただき、歯を鏡で見ながらどの歯ブラシが良いかを教えて下さいました。
そして、歯医者への受診は健康でも1年に1回位は来て定期検診をする方が虫歯になったりせず良いということも教えてもらいました。ただ、これまで十年以上大丈夫だったということは基本的な磨き方などはあっているので、少しなおせば大丈夫ですよと言われて安心しました。
これからは定期的に見てもらおうと思います。




予防接種で泣いたのは…?甘えん坊お兄ちゃん。

今日は強風で桜の花も散る寸前!そんな中、子供達の予防接種に行ってきました。

インフルや胃腸炎をもらうのが怖くてなかなか小児科に行けず、半年ぶりの注射です。

悪天候のせいか、病院はガラガラ、あっという間に順番がきました。

下の子が先に打ったのですが、それを見ていた5歳のお兄ちゃんが怖気ついてしまい、なんとまあ下の子はほとんど泣かなかったのに、お兄さん、わんわん大泣きです(笑)

久しぶりだったしちょっと怖かったかな?

なので帰りに近くのアイスクリームショップに立ち寄って、息子の大好きなフレーバーをダブルでお持ち帰りしました。

予防接種の後のアイスはここ最近お決まりになっています。

予防接種は無料なのに高くついているような…。

予防接種した夜はなぜか良く眠るので、今夜は私ものんびり過ごせそうです。

次回は1ヶ月後、また大泣きからのアイスクリームショップ、決まりです!

kenkoushindan_saiketsu



顎関節症の急増する原因について

この所、特に若い女性に多いと言われている顎関節症は

いったい何故起きやすくなっているのでしょう?

女性の骨格は当然ですが男性よりも小さくて筋力的に見ても顎の靭帯なども弱い事から靭帯がちぎれてしまい顎関節症になってしまうというケースがあります。

どうしても靭帯などを強くする事は女性の身体の構造などを考えても難しいと思えますし、夜中の歯ぎしりや片方だけで物を噛むという事も顎関節症になる原因の一つだと言われています。

それともう一つ気になるのが20代から30代の女性に顎関節症が多く見られるという事ですが
仕事や結婚、出産に子育てという時期にもある程度関係してくる時期でもある事から、女性が受けるストレスという問題も見過ごす事が出来ない要因ではないのでしょうか?

結婚等での夫の実家への気遣いにしても、出産などの経験でも身体にかかる負担やストレスが男性よりもはるかに多いと思いますしそういった事も顎関節症への引き金になっているのかもしれません。

そして顎関節症の治療にしても主な治療はセルフケアが中心となり、生活習慣を見直す事が最も必要とされる事から、食べる時の噛む力や姿勢など、とにかく歯を食い縛るような事を避けて顎に負担をかけずに生活する事が大事であると言えます。

女性が以前よりも企業の中心となり政治等でも活躍が目立ち以前の女性のイメージとは全く違ったものとなっていますがあまりにも急な変化というものは女性全体にとってもかなりの重圧やストレスの原因となっているのかもしれません。

加えて家事などの家庭の仕事もこなさなければいけなかったり神経の休まる暇もない事も顎関節症へと繋がっていく要因になっているのです。

食べ物を噛んでいる時に少し顎が痛くなってきたら顎関節症になってしまう可能性もあるので
1度自分のストレスや生活の行動パターン等を考えそういった事にならないように見直してみる事も必要であると考えます。

そして万が一なってしまったら、食べ物や姿勢といった事に気をつけていき、なるべくストレスを抱えないようにしていく事が大事であると言えるのです。

stress_woman

 

 

 

 

スッキリサプリメント!快朝酵素!<安心の全額返金保証>


気功治療で病気を予防

気功治療をご存じですか?気とは生命エネルギー、さらには宇宙エネルギーのことを指します、そんな気は人間なら誰でももっているもので、生命あるものには全て気があるということです。(^▽^)/

そんな重要な気なのですが、実際のところ社会的には認知されていないのが現実です、
ですから気功治療もあまり聞いたことがないという方がほとんどではないでしょうか?

しかし、気は間違いなく存在しており全ての生命の源となっているのです、人は気によって生かされており気がなくなったら死んでしまうといっても過言ではありません。

気を現すものとして人間の体に流れる生体微弱電流がありますが、この整体微弱電流こそが気が存在している確たる証拠なのです。

病気という字を見てもわかるとおり、病気は気の流れが病んでしまうことを示します、
気の流れが滞ることで気の流れが低下し、それはそのまま血液の流れの鈍化にも直結します、そうです、気が流れる、それはイコール血液が流れることと同義なのです。

全身の毛細血管をつなぐと地球を2周半ほどもあります、この毛細血管が全身の細胞に水、
酸素、栄養を運んでいるわけです病気の原因はこの血流が悪くなった細胞が水や栄養が不足することでなんらかの悪影響を受けてしまい、最悪ガンなどの病気になってしまうというわけです。

気功治療は副交感神経をコントロールして全身の毛細血管を拡張してくれます、
それによって治療したその時からどろどろになって流れが悪くなった血流を改善してくれます。
気功治療の効果は多々あります、まずは免疫力を高めて人が持っている自然治癒力を高める効果、そしてリラックスできることによってストレスを劇的に減少してくれます、(*^^*)

さらに大脳皮質の興奮をやわらげることで内蔵機能の働きを良くしてくれます。

その他にもいくつかありますが、そういった効果によって心身ともに健康的になれるのが気功治療なのです。\(^▽^)/

気功治療は病気予防にはもちろん、病気にかかってから、または手術後など体調改善するにも非常に有効な治療法です。

0171

 

 

 

 

 

 

 

水溶性濃縮珪素 レクステラ(Rextera)


スポンサーリンク