住宅 一覧

スポンサーリンク

初めて知った「地道な努力」はいつかきっと実を結ぶはず

幼い頃から動物が好きで「自分は将来動物関係の仕事に就くんだ」と信じて疑わず、何の努力もしないで口先だけで言っていました。親にも言っていたので高校卒業後は専門学校に行かせてもらえると思い込んでしまい、いざそのときになって専門学校はおろか大学にも短大にも行かせてもらえず「兄弟たちは行かせたのに何故自分だけ行かせてくれないんだ」と怒りがこみ上げました。あとで聞いた話が「兄弟3人には同じようにお金を使ってきた」と言われ、他の2人は公立高校に短大や専門学校、私だけが私立高校で確かにお金の掛け方で言えば同等だと言えます。けれど今思えば、ろくに勉強もせず成績も1番下かそれより少し上くらいで努力もしないしバイトもしないし悪さばかりしていた私に掛けるお金が無いのは当たり前のことなのです。しっかりした兄弟たちと違って出来損ないの私に掛けたお金は無駄になってしまいます。そのことに気付いたのは社会人になってからでした。三十路手前になった今も結婚もせず実家暮らしな私に両親が何かを期待することはないのです。

家と会社の往復で毎日が過ぎていき熱中するようなこともないので、なんとなく日々が過ぎていくような生活を送っています。貯金することに目覚めたのもつい最近なので貯金額も少なければお給料も少ないです。そんな私が運命を変えるものと出会いました。

1年くらい前にクラウドソーシングを知り興味本位で始めました。最初の頃は気が向いたときにやっていたのですが、今は毎日やっています。学校の成績は悪かったけれど唯一成績がよかったのは国語で、学生時代は詩を書くなど文章を書くのが好きでした。口下手なので文章の中でだけなら自分が生き生きすることができたのです。今は本職で工事で働いているのでクラウドソーシングにかけれる時間はたかがしれていますが、その限られた時間でやるのが楽しいです。1日2時間?3時間くらいしかできませんが、それだけで満足していました。最近は仕事中にもクラウドソーシングのネタを探すようになってネタが見つかって書きたいと思っても仕事中では書くことができないのでもどかしい気持ちになることが増えてきました。イラストの学校を出た後輩が少し前に同じことを言っていて彼女は本格的にイラストの道へ進むため会社を辞める決断をしました。その話を思い出して自分自身に当て嵌めてみると、今の私は文章を書くことが楽しくて仕方ないです。始めたきっかけが興味本位だったとしても、今はそれが楽しくてストレス発散にもなっていてちゃんとしたスキルを身に付けたいとも思うようになりました。確かに小さいころは動物関係の仕事に就きたいと思っていたし今もどこか諦められない部分はあるのですが、「小さいころに抱いた夢を叶えたい」という気持ちだけで本当の夢ではないことに気付いたのです。夢を変えることはものすごく勇気がいるけど新たなことにチャレンジするのはいいことだと思って、今はプロライターとして食べていけるように頑張ろうと思っています。

プロライターと一口に言ってもその幅は広く、本当に自分が書きたいものが何なのか今の時点ではわかっていないのでクラウドソーシングでは「できそう」と思ったものに手当り次第手を付けています。その結果見えてきたのが、美容関係には弱いということです。元々が美容には全く興味がなく「美容ってなんのことを言うの?」というレベルです。自分が最低限行っているスキンケアの話しならできるけれど、興味のないものを勉強するのも苦痛なので私に美容関係は無理だとわかりました。地道ではあるけれど、できるできないを明確にすることで自分が何系のライターに向いてるのかが見えてくるので、まずはそこからやってみることにします。


堺で新築や中古の住宅選びに迷っていた伯父一家

昨年堺に住む父方の伯父一家が新しく家を買うことになりました(*^_^*)
それまではずっと借家に住んでいたのですが、そろそろ持ち家を買おうかということになったそうです。

伯父一家には子供が1人います。
従弟にあたるその子は今大学生ですが、堺の大学に進学してそのまま堺で就職するつもりのようです。
全国転勤などあるかもしれませんが、最終的に家を継ぐのは従弟1人になります。
子供もいるので、やはり家を買っておきたいという思いがあったようで、家の購入をすることになったそうです(^O^)/

伯父たちは堺の土地勘はあるにしても、新築や中古の住宅を堺で探すことにはもちろん慣れていません(T_T)

今住んでいるのは堺市内ですが、そのまま堺市内にこだわるつもりもないようで、場所から選んでいるのでさらに大変そうです(^_^;)
従弟は今更引越ししなくても今の家でいいのにと言っていましたが、伯父夫婦の意見は変わらなかったそうです。

従弟はこれから引越ししたり新しい土地に馴染んだりするのが大変そうだと少し心配そうでした(´・ω・`)

堺で住宅を探すにあたって、まずは市内のモデルハウスもよく見にいったそうです(^O^)/
モデルハウスはどれもよさそうに見えますが、中に入ってみると間取りが気に入らなかったり、窓の多さが気になったりとなかなかしっくりくる物件に出会えなくて大変そうでした(´・ω・`)

そんな時に伯父の知り合いで藤井寺市に住んでいる人が良い物件があると教えてくれたそうです!!
その家は藤井寺の中古住宅ですが、家の周りもとても閑静な感じで駅まで徒歩10分かからずいける利便性の高いところです。

藤井寺市は奈良に近いほうなのであまり行った事はなかったそうですが、伯父夫婦はその家を見て気に入ってしまったと言っていました(・ω<)

それからまもなくその家を購入することに決めたという連絡がありました。
ただ従弟の大学は堺市内なので通学は大変になってしまいます。
それでも従弟もその家が気に入ったようで、とても喜んでいました。
それを聞いて私も安心しました(^O^)/(・ω<)(*^_^*)




断熱塗料を使うと効果は大きいでしょうか

house_boroboro

 

 

 

 

家の外壁の汚れやひび割れが目立つので塗り直しを考えています
最初はきれいに塗り直しができればそれでよいと思っていたのですが、以前テレビで外壁を塗るとき断熱塗料を使うと冷暖房費を抑えることができて節約になるというのを見たことを思い出し、断熱塗料を使うことを検討しています。断熱塗料使用すると赤外線や外部の熱を遮り
内部まで熱が伝わるのを防ぐそうです。また、熱対策だけでなく、カビ対策や結露対策にもなるということです

一般家庭で断熱塗料を使うと1年間でどのくらい冷暖房費を抑えることができるのか調べてみないといけませんが、後々のことまで考えると多少費用がかかっても断熱塗料を使って外壁を塗装してもらったほうがいいみたいです。
犬小屋程度でしたら自分で塗ってもいいのですが、さすがに家の外壁となると自分で塗るのは無理なので業者に頼むしかないようです。
せっかくなので屋根の部分も一緒に塗り直してもらうことにしました。
屋根に当たる日光も多いので、そのほうがさらに断熱効果を高めることができると思います。

断熱塗料の種類について調べてみると、ガイナ、ミラクール、キルコート、クールサームなどいろいろ種類があって、価格、性能や耐久性なども大きく異なります。
高くても性能がよかったり耐久性が15~20年もあったりと、長い目で見ると安い断熱塗料を買うよりも安上りになることもあるので、よく調べてからどれにするか決めたほうがよさそうです。中には宇宙船にも使われているものもあり効果が期待できそうです。

外壁の塗り直しを頼む業者にどれがいいか聞いてみるのもいいかもしれません。
専門家なので素人がいろいろ自分で調べるよりも詳しく知っていると思います。
その業者でよく使っている断熱塗料を頼んだほうが安心して任せることができるかもしれません。
費用のほうがあまり高くなるようでしたら、低金利のリフォームローンを使うことも考えていますが、できればなるべく費用を抑えたいです。
最近ではNASAが開発した断熱塗料も人気があるようです。

 
リフォームをしても月々の支払いがダウン!住宅ローンの借り換えリフォームのことなら【とくリフォ】


鋼管検査などにも利用されています。

非破壊検査をご存知ですか?
非破壊検査とは、検査対象となるものを破壊することなく検査することができる技術です。
鋼管検査などにも利用されています。

価値のあるものや破壊すると危険性のあるもの、替えの無いものなどを検査する時には欠かせない技術であり、主に建物の安全性を確認する時などに用いられます。

建物の検査というのは、安全のためには非常に重要な作業です。
しかし、安全性をきちんと確認するためには素材の確認や構造のチェック、工事の品質などを調べなければいけません。
一般的な検査手法で建物の安全性を確認しようとする場合、サンプル採取のために一部を抜き取ったり傷をつけなくてはいけません。
たとえ小さなものであったとしても、建物に傷をつけることは安全性の低下につながりますから、検査のためとはいえなるべく建物には手を触れずに検査をすることが望まれます。
非破壊検査とはそんな安全性の高い検査を行うために用いられる技術であり、建物にダメージを与えることなく徹底的に検査を行って安全を確認することができます。
主な検査手法としては、目視試験、放射線透過試験、超音波試験、ひずみ測定等があります。
目視試験は、その名の通り目で見て確認する検査方法です。
もっとも原始的で単純な手法ですが、日常の点検としては非常に重要な試験であり、多くのトラブルを発見することができる手法です。
特別な器具を用意しなくてもチェックマニュアルさえ作成すればだれでも検査を行うことができるのも大きなメリットです。
放射線透過試験はレントゲン撮影のように放射線を利用して建物の内部構造を撮影する試験方法です。
目で見ることができない内部構造をチェックすることができるので、安全確認には欠かせない試験です。
超音波試験は、超音波を物質に流すことで反響音を確認し、異常がないかを確認する方法です。
壁など構造の内部に発生したクラックを発見するのに適しています。
ひずみ測定は、建物全体のゆがみやひずみをチェックする試験です。
構造物の応力を確認する試験であり、建てられてから時間のたった建物を検査する時は特に重要な検査手法です。

3-1

 

 

 

 

スマートフォンで簡単管理できるDIYホームセキュリティMivaTek


遮熱塗料や断熱塗料の特長!!

遮熱塗料や断熱塗料は一見同じ塗料に見えますが特長に違いがあります。
← へぇ~(ノ゜ο゜)ノ ご存知でしたか???

それは遮熱塗料は太陽光を反射して熱の吸収を抑える特長があり、断熱塗料は熱が伝わりにくい特長があります。
遮熱塗料は普通の塗料と工程数が同じであることが多く、断熱塗料は工程数が多いことがあります。

そのため工程数が同じである遮熱塗料のほうが費用が安い傾向があります。
断熱塗料のほうが費用が高くなる傾向がありますが、その代わりに保温効果があり、夏だけじゃなく冬でも快適になるメリットがあります。
どちらも冷房にかかる電気代を節約できますが、冬の暖房にかかる電気代や灯油代なども節約できる断熱塗料のほうが省エネタイプです!

外壁塗装を塗り替えするときは遮熱塗料や断熱塗料の特長をよく把握してから適切な塗料を選ばれると良いですヾ(=^▽^=)ノ

kangaeruhito

 

 

 

 

 

【壁紙クロス張替え】


新築住宅

友人が急きょ旦那さんのお仕事の都合で東京へ転勤することになったみたいなんですが、新築のマンションを購入して、1年もたってないので家族一緒に東京へ行くべきか、旦那さんだけ、単身で東京へ行ってもらうか・・・。
決断に日数もない中彼女は、決断したそうです。
新築の住宅を貸したい』という風に家族の話し合いで決まったそうです。
まだ1年も経ってないので、他人に貸すのはどうなんだろう・・・。って悩んでましたが3年くらいは、こっちに帰ってこれないらしく空家にしておくもの勿体ないとの事でシブシブ決断されたそうです。
確かにまだ新築の住宅なので新しい我が家を賃貸しした家族が丁寧に使ってくれる方なら良いですが、壁に穴があいたりしてたらちょっとショックですもんね・・・。
友達の旦那さんの会社もコクですなぁ~。



スポンサーリンク