事故車の買取の業者選別のポイントと名義変更

事故車の買取には、重要ポイントが幾つかあります。

panku_car

その内の1つは、名義の変更です。

そもそも車を手放すのであれば、まず間違いなく名義は変更される事になります。

Aさんという方が保有していた車は、もちろん誰か別のオーナーの方に渡るでしょう。

そして例えば、Bさんという方に対してその車が渡ったとします。という事は、所有権はAさんではなくBさんになっていなければならないのですね。

ところが買取手続きでは、その保有権がたまに完了していない事があるのです。業者によっては、変更手続きはちょっと中途半端になってしまっている事例もたまに有るのですね。

中途半端になっているとどのような問題点が生じるかと言うと、例えば自動車の税金です。

そもそも自動車を保有しているのであれば、必ずオーナーの方は国に対して税金を納めなければなりません。

それを決して軽視できない金額になります。

ところで上記のAさんとBさんの話ですが、もしも名義変更がきちんと完了していれば名義はBさんになっているはずです。

ところが完了していないと、名義はAさんのままになっているのですね。

そして国としては、やはり車の名義人に対して税金の請求書を送付する事になります。

という事はBさんに請求書が行くのではなく、Aさんにそれがいってしまう事があるのですね。

それではAさんとしては、大変困惑してしまいます。

事故車を買い取ってくれる業者では、たまにそれを補修して別の方に渡すのですね。

つまりBさんがAさんが車を運転する事もあり得る訳です。ですので上記のような名義変更のトラブルも、大いに起こり得る訳ですね。

それを避けるためには、やはり事故車の買取を行っている業者をよく選ぶべきでしょう。

少なくとも買い取り業者のホームページだけは、しっかり目を通しておくべきですね。

ホームページに名義変更の手続きは確実に終えると記載されている業者であれば、信頼できるかと思います。

とかく買取手続きでは売却金額に目が行きがちですが、名義変更も忘れないようにしておきたいものです。

ヨーロッパで大人気!スイス生まれの自転車専用雨よけシールドdryve(ドライブ)

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク