SNSよりブログ派の私

最近は、SNSを利用している人が増えてきたせいか、以前よりもブログを書く人が減ってきたような気がします。
おそらくSNSの方がリアルタイムに情報が得られ、しかも人とのつがなりも比較的簡単に行うことができるからだと思います。
私の場合、世の中とは逆行していて、SNSにはやや疲れ気味な状態です。
すぐに返事をしなくてはならないという焦りや、あまりやり取りしたくない人からのアプローチなど、意外と問題も多いような気がしています。
その点、ブログは基本的に自分が書きたい時だけ更新すれば良いので、自分のペースを保つことができます。
今のところ、SNSを使って友達を増やしたり、知らない誰かとたくさんつながりたいとは思っていないので、日々の日記を書く感じで気軽にやっています。
それでもやはり、誰かに自分のことを知ってもらいたいとか、自分の話を聞いてほしいという欲求はあると思っています。
だからこそ、ブログをやっているのだと思います。
以前はコメント欄を設けて、知らない人とやり取りをしていたこともあったのですが、今は完全に記事を書くことだけしかしていません。
コメント欄はなくすこともできるので、現在は表示できないように設定しています。
もちろんコメント欄はあってもいいのですが、時々悪戯と思われるコメントもあるので、いちいち不快な思いをしたくないということもあります。
ただ良く考えてみると、自分のことは知ってほしいけど相手からのコメントは不要というのは、自分でも何だか勝手な気がします。
でも今の私には、このやり方がちょうど良い感じなのです。
それでも、どれだけ自分のサイトが読まれているのかは気になるもので、時々アクセス解析をチェックしたりはしています。
どの記事が多く読まれているのかを知ることは、結構興味深いものです。
きっと同じような考えや悩みを持っている人が読んでくれているんだろうなと思うのですが、そう感じるだけでも自分は一人じゃないと思うことができます。
やる、やらないは人それぞれですが、私は書き始めてまもなく1年が経ちます。
書くことは気持ちの整理にもつながっているので、もうしばらくは続けたいと考えています。私の友人もブログに娘さんの病気のことを書いてます。
高度異形成や子宮頚がんの診断を受けたそうです。
いろいろと大変ですが、ブログを書くことで少しでも気が楽になったらいいと思います。



スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。