黄金世代のスケーターたちのその後

日本で男女ともに優秀なフィギュアスケーターが揃っていた黄金世代の選手たちがいました。男子は高橋大輔さん、織田信成さん、小塚崇彦さん、女子は、安藤美姫さん、鈴木明子さん、浅田真央さん、村上佳菜子さん。村上佳菜子さんと同い年の羽生結弦選手だけが現役を続けている状態で、引退した人たちはそれぞれの道を歩み始めています。

今年4月、浅田真央さんの引退が大々的にニュースになり取り上げられましたが、村上佳菜子さんも同時期に引退を発表していました。彼女は真央さんより4つ年下で真央さんの妹のような存在だったと言います。真央さんが一時、ジャンプの修正のため成績不振な時期な時に村上佳菜子さんが勢いがある年で輝かしい成績を収めました。
その後も、ソチオリンピックに出場しましたがオリンピック後は成績が低迷していて22歳での早い引退となりました。
そんな彼女が今度「メレンゲの気持ち」というバラエティ番組のMCを務めることが分かりました。彼女の愛くるしい笑顔と可愛らしい喋り方は誰からも愛されるのではないかと思っています。フィギュアスケートでもスタート位置を間違えたり、ジャンプを跳び間違えたりして常に笑いを起こせる人でした。きっと優しい性格から闘うよりもフィギュアスケートを楽しみたいという気持ちが大きい人だったような気がします。

高橋大輔さんはプロスケーター、舞台やダンスにも挑戦しています。織田信成さんはテレビ番組に出演しつつスケートのコーチとしても活躍。小塚崇彦さんは引退後はトヨタ自動車に勤めていましたがスケートの現場に帰って来てくれました。安藤美姫さんプロスケーター、鈴木明子さんはプロスケーターと振付師とそれぞれ活躍しています。そして浅田真央さんは自分自身の道をゆっくり模索しているように思います。プロになるのか、他の事をするのか、まだはっきり決めかねているようですが何をしてもきっとその道を究めてくれるのでは?と期待しています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。