外車というのは割と大事なこととして

外車というのは当たり前ではありますが高いです。理由としてあることとして関税、
と考えている人が多いのですが実は日本は屈指の車に関税をかけていない国でもあり
ます。ですから、別に関税があるから高いというわけではないです。単純に持って来
ることにコストがかかるということであり、さらにいえばそもそも日本国内における
海外の車の需要がそこまで高くないですし、ブランドイメージを維持するために高く
設定されている、ということがあるのです。

しかし、それでもやはり輸入車というのは人気があるのです。私もそうでした。私も
とある輸入車を持っていたことがありますが、そこそこの費用がかかることになりま
す。ですが、購入してしまえばそこはもう、イニシャルコストとしてはかかることが
ないのですから、心配することはないです。

しかし、問題は修理です。キチンと正規のディーラーが日本国内にある輸入車であれ
ば部品や工場などでの修理が割と楽にできますから、心配することはないのですが代
理店でやっている場合、当然、独自に修理工場などを正規に持っているわけもなく、
物凄くお金がかかることがあります。多くの場合、輸入車の修理にとてもお金がか
かった、ということはこうしたパターンになります。ですから、そうした費用がかか
ることがよくないと思っているのであれば、国内でもそこそこ需要があり、そして売
れていて販売店が多い、というようなメーカーにすると良いでしょう。有名であり、
シェアがある、というのはブランド力という意味のみではなく、普通に実利があった
りするのです。多くの需要があればそれだけ手広く修理に関するケアもやっていたり
するからです。そうした意味で輸入車を選ぶというのはなかなかできないことではあ
ります。そもそもその車が好きだからわざわざ選んでいるということがあるからで
す。修理に関してもそれがいえることであり、あまり費用は意識しないと言う人が実
際には多いです。

https://pirelli-aska.com/

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。